法大の坪井慧が神奈川ハーフマラソン優勝 「来年は6区区間新記録目指します」

2019年2月3日17時6分  スポーツ報知
  • 神奈川ハーフマラソンで優勝した法大の坪井慧は優勝トロフィーを両手に笑顔

  ◆神奈川ハーフマラソン(3日、横浜市磯子駅前発着=21・0975キロ)

 今年の箱根駅伝(2、3日)で6区4位と好走した法大の坪井慧(3年)が1時間3分40秒で優勝した。青学大の吉田祐也(3年)、飯田貴之(1年)に残り1キロで競り勝ち、従来の自己ベスト1時間5分50秒を一気に2分10秒も更新。「大学入学後、初タイトルなので自分でもびっくりしています」と坪井は満面の笑みで話した。

 今年の箱根駅伝では初出場ながら6区を58分30秒の好タイムで走破し、区間4位。「来年の箱根駅伝で法大の目標は4位。そのチーム目標を達成するために、僕は6区で区間賞を目指して、この1年間、努力します。東海大の中島怜利君(3年)、東洋大の今西駿介君(3年)とレベルの高い選手がいるので、彼らに勝って区間賞を取ることができれば区間新記録もついてくると思います」。坪井は、今大会で青学大の小野田勇次(4年)がマークした区間記録(57分57秒)も視野に入れながら意欲的に話した。

その他
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ