IOCトーマス・バッハ会長が池江璃花子に激励メッセージ「回復を願っています」

2019年2月14日11時8分  スポーツ報知
  • 池江璃花子

 白血病公表した競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=のインスタグラムに、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(65)が「回復を願っています」「良くなることに集中して下さい」と激励のメッセージを書き込んだ。

 池江は13日夜に自身のインスタグラムを更新し、真っ青な空と海の写真と共に「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」「改めて皆様のメッセージとご協力に心から感謝します。必ず戻ってきます」などとメッセージを投稿。

 この投稿にオリンピック公式インスタグラムのアカウントから「Wishing your all the best for your recovery.Joining with all your millions of fans to send you all my best wishes.Now just concentrate on getting better!」とコメントが寄せられ、文末にはトーマス・バッハ会長の名前が記された。

 池江のインスタには2016年リオ五輪4冠のケイティ・レデッキー(米国)も「あなたと早期の回復のために祈っています」とコメント。リオ五輪100メートルバタフライ女王サラ・ショーストロム(スウェーデン)も無数のハートマークを打ち込み、銀メダルを獲得した同じ18歳のペニー・オレクシアク(カナダ)に「くじけないで。ずっとあなたのために祈っています」とコメントするなど、世界に激励の輪が広がっている。

その他
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ