森田香織、初出場V「よかった」双子の妹・詩織は30キロ5位「来年も頑張ります」

2019年2月18日6時10分  スポーツ報知
  • 女子10キロで優勝した森田香

 ◆第53回青梅マラソン ▽30キロの部、10キロの部(17日、東京・青梅市・日本陸連公認コース)

 男子10キロ高校生の部は、下條乃将(だいすけ、東京実3年)が大会歴代2位タイの30分23秒で、2位に29秒差をつけて圧勝した。今春、明大に進学する実力者は「箱根駅伝で5区を走り、山の神になりたい」と意欲的に話した。女子10キロ40歳未満の部は美人双子ランナーの姉、森田香織(23)=パナソニック=が33分1秒で制した。

 双子姉妹の姉、森田香が、初参加で優勝を飾った。「優勝しなきゃと思っていたので、よかった」。2位に30秒以上の差をつけて圧勝した。この日は初めて、同じチームの妹・詩織と、母のちはるさんと3人で参加した。妹と母は30キロで力走。実家に帰省した時には、親子で走ることもあるという。5位だった妹・詩織は「来年も頑張ります」と力を込めた。

青梅マラソン

その他
注目トピック