ホッケー高野&柔道新添&レスリング藤波が「創立者古屋賞」…山梨学院大卒業式

2019年3月16日7時10分  スポーツ報知
  • 山梨学院大卒業式で「創立者古屋賞」を受賞した新添(左)と高野

 山梨学院大の卒業式が15日に同大学で行われた。他の学生の模範となる顕著な成果をあげた卒業生を顕彰する「創立者古屋賞」には、昨年のアジア大会で優勝した、ホッケー男子日本代表GK高野雄介と柔道女子70キロ級・新添左季、レスリング男子フリースタイル(FS)74キロ級で全日本選手権2連覇中の藤波勇飛(いずれも22)が選ばれた。

 卒業後は日医工山梨に進みつつ、山梨学院のメンバーとして日本リーグに参加予定の高野は「東京五輪に出て活躍して、結果で(山梨学院に)恩返しがしたい」と決意。自衛隊所属となる新添も「必死に練習するだけ」と意気込んだ。藤波は日本代表の一員でFS国別対抗戦W杯(16日開幕、ロシア)に参戦のため、卒業式を欠席した。

その他
注目トピック