【箱根への道】青学大・原監督、全日本駅伝距離変更に「レベルアップを考えるべき」

2018年3月14日15時14分  スポーツ報知
  • 青学大・原監督

 学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝が今年、大きく変わる。11月4日に開催される第50回記念大会は、106・8キロの総距離と8区間は変わらないが、各区間の距離が大幅に変更。1~6区は9・5キロ~12・8キロと短く、終盤の7区(17・6キロ)は長くなる。

 今回の区間変更について懐疑的な見方もある。箱根駅伝4連覇の青学大・原監督は、「交通規制の問題があることは分かるが、下位校の繰り上げを減らすという目的で区間距離を変更するのはいかがなものか。上位校のレベルアップを考えた区間距離を考えるべきでしょう」と、持論を展開した。東洋大・酒井監督は、「2区(日本人トップ)の大迫傑選手や4区(区間記録)の村山謙太選手らの偉大な記録に挑戦できなくなるのは残念。世界を目指す学生にとっての指標だったので」と話した。

箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)