【箱根への道】早大ルーキー“日の丸トリオ”8年ぶり奪還へ意気込み語る

2018年4月11日12時0分  スポーツ報知
  • 早大の練習に合流したルーキーたちは指で「W」の文字を作る(前列左から)茂原将悟、太田直希、千明龍之佑、半沢黎斗、中谷雄飛(後列左から)河合陽平、山口賢助、久保広季、室伏祐吾、的場寛人(カメラ・相川 和寛)

 早大にこの春、ゴールデン・ルーキーの呼び声高い“日の丸トリオ”が入学した。3月に行われたアジアクロスカントリー選手権(中国・貴陽)に日本代表として出場した中谷雄飛(長野・佐久長聖)、半沢黎斗(福島・学法石川)、千明(ちぎら)龍之佑(群馬・東農大二)。8年ぶりの王座奪還、学生駅伝3冠へ、3人は期待を胸に挑戦を開始。王者・青学大を始め、箱根路の主役を目指す新入生たちの動向に迫る。

 4年間、毎日のように走るであろう所沢キャンパスの織田幹雄記念陸上競技場。練習を終えた3人は、汗を拭いながら早大を選んだ理由を語った。

 中谷(以下中)「ロードとか駅伝というよりも、トラックで戦うために来ました。大迫(傑)さんや竹沢(健介)さんのように学生時代から結果を出している先輩方のようになりたい」

 半沢(以下半)「僕は中谷と違って、駅伝を走りたくて。中学から陸上を始めて、ずっとエンジにWのユニホームに憧れてました。今度は自分がそんな夢を与えられる選手になりたいですね」

 千明(以下千)「僕も、やっぱり箱根駅伝があったからですね。フォームの分析などスポーツの勉強も興味がありましたし。いつかは指導者としての道も考えています」

 半「3人ともいつか母校に戻って、先生もいいね」

 中「そこではライバルとして戦いたいな」

 3月のアジア・クロカンで、高校3年生の日本勢上位3人。2位だった中谷は、5000メートル高校歴代5位で今季ルーキートップの13分47秒22を持つ。将来は「5000メートルや1万メートルで世界と戦える力をつけたい」と言えば、4位の千明も「トラックで世界大会に出たい」。高校2年時に世界クロカンを経験し、トラックでも駅伝でも外さない走りが持ち味。その上で「スピードを磨いて、距離を延ばしてマラソンにも挑戦したい」。

 5位の半沢は昨年8月の高校総体1500メートルを高校歴代2位の3分44秒57で制したスピードスター。将来像はまだこれから描くことになるが「箱根を目標にして陸上を始めたので、まずは4年間全力で走りたい」と言い切った。

 合流から10日間足らず。高校トップクラスとはいえ、箱根路で上位を目指す早大のトレーニングは厳しい。学生生活と高いレベルでの両立。3人は大いに刺激を受けている。

 半「何事も自分で考えて動かないといけない。練習もきついけど…。中谷は、自分でそこにメニューを追加するんですよ。本来は1000メートル×3本なのに、5本やったり」

 中「高校時代がそんな感じで工夫して練習してたから。全体練習の後に、自分でプラスアルファを」

 千「僕らも、先輩たちも『何してるんだろう』って外から見てるんだよ(笑い)」

 中「えっ、そうなの! でも、自分なりのアレンジができるのは強みだと思っているので、自由な雰囲気の早大を選んでよかった」

 マイペースな中谷、しっかり者の半沢、まじめな千明。タイプの違う3人だが、相楽豊監督(38)は「これからの早大の核になる選手たち。個性を大事にしつつ、日本を代表するエースになってほしい」と期待を寄せる。

 2011年、当時1年だった大迫傑(26)=ナイキ・オレゴンプロジェクト=は1区区間賞の走りで流れを作り、箱根駅伝総合優勝を成し遂げた。その年以来の学生駅伝3冠へ。4年間の目標を尋ねられた3人は「4年連続3冠したいです。12タイトル、みんなで取ろう!」と勢いよく声をそろえた。8年ぶりの歓喜へ、ゴールデンルーキーたちが走り始めた。(太田 涼)

 ◆青学大・早田、8連覇と父超え誓う 12人の新人選手が加入。埼玉栄出身の早田祥也は、1995年世界陸上1万メートル10位、マラソン2時間8分7秒の自己ベストを持つ名ランナーの俊幸さんを父に持つ。「新しいトレーニングを取り入れている青学大で成長し、将来、父を超えられるような選手になりたい」と意欲的に話した。箱根駅伝4連覇中の王者チームの新人たちの目標は高い。「僕ら4年生の時に8連覇を達成しよう、と話しています」と早田は大きな野望を明かした。

 ◆国士舘大、今年もケニア人留学生加入 ヴィンセントいきなり自己ベスト ポール・ギトンガ(2年)に続き、今年もケニア人留学生としてライモイ・ヴィンセントが加入。3月中旬に合流し、デビュー戦となった同25日の国士舘大競技会5000メートルでは13分43秒02の自己ベストで潜在能力を示した。添田正美監督(41)は「日本人選手との相乗効果でチームが活性化してくれたら」と、“W留学生”を刺激にシーズンを戦うと話した。

箱根駅伝
今日のスポーツ報知(東京版)