【箱根駅伝】往路優勝は東洋大、復路Vは青学大…でも総合制したのは東海大

2019年1月3日13時32分  スポーツ報知
  • 3位で8区・飯田貴之からタスキを受け取る青学大9区・吉田圭太(右)

 ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催された。

 2日に行われた往路では5時間26分31秒の往路新記録を樹立して優勝した。

 3日に行われた復路では、往路6位に沈んだ青学大が意地を見せ復路優勝を果たした。青学大は3区(区間新)、6区(区間新)、7区、9区で区間賞を獲得し、層の厚さを証明した。

 しかし往路、復路の総合では東海大が制する結果となった。

箱根駅伝

箱根駅伝 2018

注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)