【箱根駅伝】東海大・両角監督、初優勝に「信じられないような心境ですが、うれしい」5度宙に舞う

2019年1月3日14時19分  スポーツ報知
  • 初優勝し、胴上げされた東海大・両角速監督(カメラ・橋口真)

 ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。3日の復路(5区間109・6キロ)は2位でスタートした東海大が8区で小松陽平(3年)の区間新記録の力走で東洋大を逆転するとそのまま逃げ切って、10時間52分9秒の大会新記録で初の総合優勝を飾った。

 ゴール地点の読売新聞社前では10区の郡司陽大(3年)がゴールテープを切ると、歓喜の輪ができた。そして郡司や両角速監督(52)が胴上げされ新春の大手町の宙を舞った。

 両角監督は初優勝に「信じられないような心境ですが、うれしい」。勝因については「10人の選手が、やってきたことに自信を持ってやってくれたことに尽きる。(これまで)悔しい思いがあったが、そこ(=箱根駅伝での優勝)に向けてチャレンジ、挑戦していく姿勢が発揮されてうれしい」と語った。

 胴上げについては「気持ちいいというか、最高でした」と喜び、来年に向けては「まだ先のことは考えられないが、まだまだ努力しなきゃいけない点があるのでがんばりながら作り直していきたい」と話していた。

◇各区間のハイライト動画はコチラ

箱根駅伝

箱根駅伝 2018

注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)