照ノ富士も正座させられ殴られていた 日馬富士暴行事件で

2017年12月21日7時30分  スポーツ報知
  • 照ノ富士

 元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題で現場に同席していた鳥取城北高の卒業生、照ノ富士(伊勢ケ浜)と石浦(宮城野)は、すでに危機管理委員会の鏡山部長から注意を受けた。

 照ノ富士は元日馬富士関から暴行の現場で「稽古に気合が入っていない」と正座させられたという。さらに「何か言いたいことがあるか」と怒られ、「壁があるので言えません」と答えると、元日馬富士関が「おまえたちが壁を作っているんだ」と激怒。素手で1、2回、叩かれた実態も明らかになった。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)