横綱・白鵬が伊勢ケ浜部屋で出稽古 張り手、かち上げ「なるべく癖を直していきたい」

2018年1月10日15時30分  スポーツ報知
  • 伊勢ケ浜部屋で出稽古した横綱・白鵬

 大相撲初場所(東京・両国国技館、14日初日)に向けて横綱・白鵬(32)=宮城野=が10日、伊勢ケ浜部屋で出稽古した。報道陣には非公開だったが関係者によると、十両・誉富士(伊勢ケ浜)と20番前後取ったという。

 出稽古後、取材に応じた白鵬は「内容? いつもどおり。日に日にね」と順調な調整ぶりに手応えを感じ取っていた。

 一方で、横綱審議委員会から苦言を呈されている張り手、かち上げなどの取り口については「なるべく癖を直していきたいと思う」としつつ、「始まってふたを開けてみないとね。きょうは何とも」と、北の湖と並び1位の横綱在位63場所目となる初場所へ悩める心境を明かした。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)