行司の式守与之吉が体調不良で、木村光之助はインフルで初場所休場

2018年1月14日12時4分  スポーツ報知

 日本相撲協会は大相撲初日の14日、幕内格行司の式守与之吉(49)=宮城野=が「体調不良のため3か月以上のリハビリ入院加療が必要」の診断書を提出、十両格行司の木村光之助(42)=峰崎=も「インフルエンザのため解熱後さらに2日間の自宅療養を要する」との診断書を提出して、それぞれ休場すると発表した。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)