“皆勤賞男”錦木、連続11日目の一番土俵「元気だけが取りえですから」

2018年4月12日18時2分  スポーツ報知
  • 錦木(左)は高安とのぶつかり稽古で苦しそうな表情

 “皆勤賞男”の幕内・錦木(27)=伊勢ノ海=が連日の一番土俵で同期の力士を触発した。大相撲春巡業が12日に埼玉・草加市で行われ、幕内の稽古土俵にこの日も一番乗りを果たした。

 「1日だけ、碧山関(春日野)にとられたんですけど…。それ以外は暗黙の了解で僕が一番目になっている」。稽古が始まった2日の岐阜・中津川市の巡業からこの日で連続11日目。幕内力士の時間になると真っ先に土俵に上がる。その姿に違和感は全くなし。毎日、関取衆との申し合いを欠かさず続ける理由を、「寝坊、風邪、大けがのどれかがなければ稽古します。元気だけが取りえですから」と力説。トレードマークの眼鏡の奥の瞳を輝かせた。

 「しんどい? いつもですよ。ただ同期みんながやっていて1人だけ頑張らないのは嫌だから」。こう語る錦木に付き添うように最初の稽古相手になるのが幕内・松鳳山(二所ノ関)だ。年齢は7つ上だが2006年春場所初土俵の同期生の存在が皆勤の原動力。松鳳山も、「自分がそれ(錦木の意欲)につられているのは間違いない」と刺激になっていることを認めた。

 この日は大関・高安(田子ノ浦)の三番稽古の相手にも指名されて胸を借りた。同じ同期生の幕内・竜電(高田川)とも競うように申し合いに参加と地味ながら熱心さでは際立つ存在。春巡業はこの日が折り返し。「皆勤は当たり前ですよ」と錦木は巡業後半も一番最初に土俵に上がる。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)