嘉風、ラグビー元日本代表・今泉氏と「大分県盛り上げプロジェクト」スタート

2018年4月17日16時2分  スポーツ報知
  • 嘉風(左)は日本代表を意識した桜色の着物で今泉氏と地元大分での試合をアピール

 2019年のラグビーW杯開催都市特別サポーターで、大相撲の幕内・嘉風(36)=尾車=が17日、同じ大分県出身の元日本代表の今泉清氏(50)と「大分県盛り上げプロジェクト」の活動を開始した。

 この日は都内の尾車部屋で2人が対面。6月9日に大分・大銀ドームで行われる「リポビタンDチャレンジカップ2018・日本対イタリア」に向けたPR映像などを撮影した。

 日本代表のニックネーム「ブレイブブロッサムズ」にあやかり桜色の着物で登場した嘉風は、実はラグビーの大ファンであることを告白した。年明けの高校ラグビーは必ずテレビ観戦。日体大時代はラグビーの授業を選択していたそうで、「生まれ変わって相撲がなければラグビーをやりたい」と力説した。

 今泉氏も「土俵は初体験です」と恐る恐る稽古場に降りたが、嘉風からテッポウの手ほどきを受けて興奮気味。「力士の方でFWを編成すれば“局地的”にならオールブラックスに勝てるのでは」と持論を展開。「ハンドオフとかすごそうですね。すごい突っ張りで。こっちの世界に飛び込んで来て欲しい」と人材交流まで提言した。

 嘉風は当日は大銀ドームで生観戦。「『嘉風が来る』と言って興味ない人も来てくれればいい。集客になればなんでもやる。オフィシャルサポーターになったんですから」とやる気満々。19年W杯では5試合が行われる大銀ドームでのビッグマッチを前に熱弁を振るっていた。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)