勢、今場所初白星が金星「今日は足が出てくれてうれしい」

2018年7月11日19時58分  スポーツ報知
  • 勢は鶴竜を破り今場所初白星に笑顔で引き揚げる

 ◆大相撲名古屋場所4日目 ○勢(押し出し)鶴竜●(11日・ドルフィンズアリーナ)

 東前頭2枚目・勢(31)=伊勢ノ海=が、3連覇を狙う東横綱・鶴竜(32)=井筒=を押し出しで破り、土をつけた。低く鋭い立ち合いで横綱を圧倒し、今場所初白星が通算5個目の金星となった。館内には座布団が舞った。支度部屋でカメラマンに囲まれると「優勝したみたいやな。どんだけ写真を撮るんですか」と笑った。

 一気に勝負を決めた会心の相撲だった。「思い切り頭から行けました。(初日から3連敗した)ここまでは勝ちたい意識が強すぎて、上半身に力が入り過ぎていた。今日は足が出てくれてうれしい」と自画自賛した。

 場所前にはプロゴルファーの比嘉真美子(24)との婚約を発表。「(比嘉が)頑張っているから刺激を受ける。良きライバル」と感謝も忘れなかった。

 師匠の伊勢ノ海親方(元幕内・北勝鬨)は「立ち合いが良かった。相手がすぐ引いてくれたからね。(3連敗したけど)気持ちのへこみはなかった。なんとしてももう一度、三役に上がってほしい。婚約? いい刺激になっているのではないですか、お互いにね」と復調を喜んだ。

 会場ではファンから「(婚約)おめでとう」と声援が飛んだ。「ありがたい、うれしいです」。幸せパワーを追い風に、ここから白星を積み重ねていく。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)