貴景勝、兄弟子・貴ノ岩の引退に「残念としか言えない」

2018年12月9日6時0分  スポーツ報知
  • 貴景勝

 大相撲の冬巡業先で付け人に暴力を振るって7日に現役引退した元幕内・貴ノ岩(28)が、被害を受けた三段目・貴大将(23)=千賀ノ浦=に改めて謝罪した。8日の朝稽古後、貴大将が「頑張れ、絶対辞めるな」と7日夜に兄弟子から掛けられた言葉を明かした。日本相撲協会はこの日、今回の不祥事を重く受け止め、19日に全関取を対象にした特別研修の実施やコンプライアンス委員会を発足させると発表した。

 兄弟子・元貴ノ岩の引退を受け、熊本・高森町での冬巡業に参加していた小結・貴景勝(22)=千賀ノ浦=は「残念としか言えない」と心境を語った。貴景勝は、十両昇進前の旧貴乃花部屋時代、元貴ノ岩の付け人を務めていたという。「相撲以外のことでも、いろんなことを学んだ」と、懐かしみながら感謝の言葉を口にした。九州場所で初優勝し、これまで以上に部屋を引っ張っていく立場となることには「自分は自分のことをするだけ」と淡々と話した。

相撲
注目トピック