鶴竜「いいスタートを切りたい」と初場所へ意気込み 明治神宮奉納土俵入りで雲竜型披露

2019年1月8日17時39分  スポーツ報知
  • 明治神宮奉納土俵入りで雲竜型を披露する鶴竜

 大相撲初場所(13日初日・両国国技館)前恒例の明治神宮奉納土俵入りが行われ稀勢の里(32)=田子ノ浦=、白鵬(33)=宮城野=、鶴竜(33)=井筒=の3横綱が参加した。

 昨年の九州場所を右足首の負傷で全休した鶴竜は、時津風部屋への出稽古を行うなど順調に調整している。表情も明るく、「今年最初の場所なのでいいスタートを切りたい」と意欲十分。足首の状態については「完全に良くなってはいないけど、ケアなどできることをしている」と語った。

相撲
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ