右太もも肉離れの栃ノ心、初場所「出ます」

2019年1月10日13時7分  スポーツ報知
  • 初場所出場に意欲を示した大関・栃ノ心

 右太もも肉離れで、7日の横綱審議委員会による稽古総見を欠席していた大関・栃ノ心(31)=春日野=が10日、初場所(13日初日・両国国技館)出場を明言した。

 東京・墨田区の部屋で行われた朝稽古では、若い衆にぶつかり稽古で胸を出すなど約2時間、みっちりと汗を流した。5日の稽古中に負傷していたが、師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)からも「日に日に良くなっているぞ」と声を掛けられ、悲観した様子もなかった。

 昨年は、平幕だった初場所で初優勝し、大関昇進へと突っ走った。験のいい本場所に向け、「大丈夫です。出ます」と力強かった。

相撲
注目トピック