宮原知子、3回転サルコーで転倒のミス「しっかり修正したいです」

2018年1月27日0時43分  スポーツ報知
  • 3位で大会を終えた宮原知子(ロイター)

 ◆フィギュアスケート 四大陸選手権 第3日(26日、台湾・台北アリーナ)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位に立ち、2年ぶり2度目の優勝を狙った宮原知子(19)=関大=は3回転サルコーで転倒するなどのミスが響き、135・28点と伸びず。合計207・02点の3位で大会を終えた。

 試合後のインタビューでは「悔しいの一言。ここに入ってきてから、本当に自分との戦いっていうのを改めて思い知ったので、自分の弱さっていうのがすごく見えました」と話した。平昌五輪までは残り約2週間となり「プログラム全体的にジャンプの面で見直さないといけない。そこをしっかり修正したいです」と前を向いた。

冬スポ
注目トピック