坂本花織、逆転で金 平昌へ伸びしろ無限大

2018年1月27日6時0分  スポーツ報知
  • 金メダルを手に笑顔の坂本(ロイター)

 ◆フィギュアスケート 四大陸選手権 第3日(26日、台湾・台北アリーナ)

 【台北(台湾)26日=高木恵】女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(17)=シスメックス=が142・87点、合計214・21点でともに自己ベストを更新。主要国際大会初優勝を飾り、平昌五輪に弾みをつけた。SP首位の宮原知子(19)=関大=は135・28点、合計207・02点で3位、昨年大会覇者の三原舞依(18)=シスメックス=が210・57点で2位。日本女子の表彰台独占は13年大会以来。27日は男子フリーが行われる。

 荒々しいガッツポーズを作り、坂本は心の中で叫んだ。「ヨッシャー!」。滑るたびに自己ベストを更新し、逆転で主要国際大会初優勝。表彰台のてっぺんで君が代を口ずさみながら、どこか居心地が悪そうだった。「新鮮だった。どこを見たらいいか分からへんと思って。ずっとキョロキョロしていた」とはにかんだ。

 五輪を想像してリンクに立った。「緊張の中でも、ちゃんとできるように」。足はガクガク震えていた。それでも冒頭のフリップ―トウループの連続3回転など全ジャンプを成功させた。課題だった芸術面を表す演技構成点は、5項目すべてで8点台をそろえた。3戦連続の210点超えに「3回連続できたら本物って言っていてできたので、ちょっとだけ自分を褒めようと思う」。9月のUSインターナショナルからの4か月で、合計点は45点も上昇した。

 今季からイチローも実践する初動負荷トレーニングを取り入れた。週に3回、ワールドウィング神戸へ通っている。肩回りの可動域が広がり「腕が動かしやすくなって、大きく見せられるようになった」。猫背が改善され、姿勢も美しくなった。口呼吸になりがちだった呼吸法も整え、最後まで演じきれる体づくりに取り組んできた。

 自宅の壁には今でも06年トリノ五輪で荒川静香さんが金メダルを獲得した新聞記事が貼り付けてある。長い間日に当たり、紙は茶色になった。5歳だった当時「すごいなあ」と思ったことは覚えている。4歳から始めたスケートにのめり込んでいくほどに、五輪の舞台に立つことの厳しさを知った。「ほど遠いよなあ」。夢を諦めそうになったこともあった。しかし12年後、自らメダルへの挑戦権を手に入れた。

 214・21点は五輪出場選手で今季世界6位。「ショートもフリーも取りこぼしがあったので、まだ伸ばせる。五輪は自信を持って臨みたい」と伸びしろは無限大だ。年明けに語った五輪の抱負は「1ケタ順位」と控えめだった。「今も変わらず1ケタ…。じゃあ、片手で…」と、笑顔でトップ5を掲げてすぐ「むちゃやな」と一人で突っ込んだ。五輪前最後の実戦で最高の弾みをつけて、夢舞台へ乗り込む。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ