渡部暁斗妻、フリースタイルスキー渡部由、左肩を脱臼していた

2018年2月10日7時0分  スポーツ報知

 平昌五輪フリースタイルスキー・ハーフパイプ(HP)女子代表の渡部由梨恵(29)=白馬ク=、小野塚彩那(29)=石打丸山ク=らが9日、米遠征から帰国。渡部由は1月12日に米コロラド州で行われたW杯スノーマス大会決勝で転倒し、左肩を脱臼していたことを明かした。

 報道陣にコンディションを問われると、「調整は予定通りにはいってませんね」と苦笑い。負傷後、肩のリハビリのために2週間、一時帰国していた。「今は痛みはありませんが、初めての完全脱臼なので」。思い切ったトレーニングに踏み込めていないが、都内での最終調整では戦闘態勢に仕上げる。

 ノルディック複合代表で夫の暁斗(29)=北野建設=と夫婦で臨む五輪。19日の予選へ「決勝で攻めの滑りができるように、しっかりと」と前を向いた。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)