小平奈緒、スピードS女子初の金 五輪新!低地世界新!「涙でかすんで…」

2018年2月19日5時0分  スポーツ報知
  • 女子500メートルで金メダルを獲得し、日の丸を手に感極まった表情を見せる小平奈緒(カメラ・酒井 悠一)
  • 女子500メートルで金メダルの小平奈緒(右はカロリナ・エルバノバ、カメラ・相川 和寛)

 ◆平昌五輪第10日 ▽スピードスケート女子500メートル(18日、江陵オーバル)

 女子500メートルが行われ、小平奈緒(31)=相沢病院=が五輪記録で低地リンクでは世界最高となる36秒94で金メダルに輝いた。

 スピードスケート女子で初、日本選手団主将としても初の金メダル。国内外の連勝を25に伸ばし、地元・韓国の李相花の3連覇を阻んだ。通算獲得メダルも3個で、冬季女子では最多。日本のメダル数は最多だった98年長野五輪の10個に並んだ。

 日の丸を背中に羽織ってのウィニングラン。ずっと小平が見たかった光景。歓声を浴びてリンクを回ると、感情がこみ上げた。「実際に見た景色は涙でかすんで、ほとんど皆さんの顔が見えなかった」。クルリと後ろを向くと、地元の大会で3連覇を逃し、涙を流す李相花がいた。そっと肩を抱き寄せると「たくさんのプレッシャーの中でよくやったね。リスペクトしているよ」。親友で、最高のライバルと健闘をたたえ合った。

 無敗の女王にふさわしい規格外の滑りだった。100メートルの通過は、低地での自己最速に迫る10秒26。何度も転んだカーブもためらいなく、突っ込んだ。勢いのまま駆け抜けたタイムは、李の五輪記録を0秒34大幅に更新する36秒94。低地で世界初となる36秒台の表示を確認し、勝利を確信したように両手を突き上げた。「本当にうれしい。これで金メダルじゃなかったらしょうがない」。優勝が決まると二人三脚で歩んできた結城匡啓コーチ(52)とハイタッチをかわした。

 重圧を承知の上で、日本選手団主将を引き受けた。競技のため、お酒はここ10年飲まず、肩に血がにじむまでバーベルを上げ、休養が苦手…。ひたすらストイックで神経質だった小平が重責を担えたのは、14年ソチ五輪後スケート大国オランダへの2年間の留学で得た「心の強さ」があったからだった。

 オランダでの住まいは牛舎を改装したようなアパートで、冷蔵庫もなかった。話し相手は窓の外にいたポニーの「ヘッセル」だけ。「最初はこの子しか友達がいないんだって思いました」。練習や移動の当日変更は当たり前。練習量も少なく不安も感じていた時、「奈緒の人生の時間は神様がくれた時間だから、悔いのないように思う存分使え」。父・安彦さん(62)の1通のメールに励まされた。

 知らない単語はノートに書き「3回聞いたら覚える」とルールを決めた。チームメートにヘッセルの写真を見せて笑わせ、自宅で手巻きずしを振る舞うまでになった。右足首の捻挫や乳製品の遅延型アレルギーも経験し、食事や休養の大切さを改めて確認。「与えられるものは有限、求めるものは無限。何でもやってみよう」。技術的にも精神的にも大きく成長し「私の人生の生き方を変えてくれた」2年間だった。

 結城コーチは帰国した姿を見て「おおらかになり、心がたくましくなった」と感じたという。昨季から25戦無敗。突発的な出来事にも「何とかなりますよ、先生」と言える心の強さが、500メートルの金と1000メートルの銀。2つのメダルを導いた。(林 直史)

 ◆小平 奈緒(こだいら・なお)

 ▽生まれとサイズ 1986年5月26日、長野・茅野市。北部中から伊那西高、信州大を経て2009年から相沢病院。165センチ、60キロ。

 ▽家族 父・安彦さん(62)、母・光子さん(62)と姉2人。

 ▽スケート 3歳から始める。10年バンクーバー五輪は4種目に出場し女子団体追い抜き銀メダル。14年ソチ五輪女子500メートル5位。W杯通算19勝。昨年12月に1000メートルの世界記録を1分12秒09に塗り替えた。

 ▽名前の由来 両親が「素直な子になってほしい」という願いを込めた。

 ▽好物 長野県産の米、野菜。

 ▽好きな歌手 ゆず、AI。勝負曲はSuperflyの「Beautiful」。

 ▽好きな言葉 ガンジーの「永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ」。

 ▽趣味 オランダ語、写真。

 ▽将来の夢 教師。「子供たちに学ぶ楽しさを教えたい」

冬スポ
注目トピック