フィギュア強化部長、来季世界選手権出場枠で若手に期待「これまで羽生選手に頼ってきた」

2018年3月8日7時30分  スポーツ報知

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は7日、ソフィアで取材に応じ、羽生の世界選手権欠場が決まり「(右足首の)けがが完治していない中で五輪を戦った。将来のことも考えて、まずはゆっくり休んでほしい」と述べた。

 来季の世界選手権はさいたま市で開催され、日本勢上位2選手の順位合計が「13」以内なら最大3の出場枠を維持できる。小林強化部長は「これまで羽生選手に頼ってきた分、若手に頑張ってもらいたい。何とか出場枠3を死守したい」と語り、五輪銀メダルの宇野らの奮起に期待した。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)