宇野昌磨は5位発進「フリーでは攻めたい」…世界選手権SP

2018年3月23日0時51分  スポーツ報知
  • SP5位につけた宇野昌磨の演技(ロイター)
  • 宇野昌磨

 ◆フィギュアスケート世界選手権 第2日(22日・ミラノ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は94・26点で5位だった。初出場の友野一希(19)=同大=は自己ベストの82・61点で11位、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は80・17点で14位発進。ネーサン・チェン(18)=米国=が101・94点で首位に立った。

 宇野は五輪直後に靴を新調し、慣れないまま世界選手権を迎えた。今大会開幕前に右足甲を痛め、平昌五輪のときからジャンプの難易度を落としSPに挑んだ。最終滑走で登場し、少し緊張の面持ちでリンクへ。4回転フリップからトウループに変えた冒頭は加点2・29が付く美しいジャンプを披露した。それでも後半に入ると、予定していた連続3回転ジャンプの2本目が2回転になるミス。スピンやステップでは全ての項目で最高のレベル4を獲得したが、94・26点と自己ベストよりも10点以上低い得点だった。演技を終え「欠場(の考え)はなかった。試合で気持ちが高まり、痛みなく臨めた」と話した。

 来年の世界選手権(埼玉)出場枠は今大会の順位点によって決定。1位から15位までは順位がそのまま得点になり、16~24位は16点、25位以下は18点となる。日本が最大の3枠を得るには、上位2人の合計が13点以内が条件。合計14~28点なら2枠、28点以上だと1枠しか得られない。

 宇野昌磨「(痛めた足は)アドレナリン(が出ていて)で痛くなく、問題ない状態で取り組めた。(大事を取って)簡単にしたトリプルサルコー―トーループで失敗したのが悔しい。1つめの4回転トーループは質の良いジャンプが飛べ、トリプルアクセルも満足できたので、フリーでは構成を攻めたい」

 友野一希「自分を奮い立たせたが、正直怖かった。自分に勝てたのはうれしくて、涙が出ました。まだまだ伸びしろはあると思っている」

冬スポ
注目トピック