高木姉妹、26年札幌五輪招致へ盛り上げる

2018年5月7日7時0分  スポーツ報知
  • 道民栄誉賞を受賞し笑顔を見せる高木菜那(右は佐藤綾乃、中は高木美帆)

 平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜きで金メダルを獲得した高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、美帆(23)=日体大助手=の姉妹、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=ら道関連43選手が6日、北海道庁で行われた「平昌オリンピック・パラリンピックどさんこ選手を讃える会」に出席。雨の中、集まった1500人に感謝を伝えた。

 高木美、佐藤と共に道民栄誉賞を受賞した高木菜は「応援が力に、最後の一押しとなり、最後まで駆け抜けられた」と2つの金メダル獲得を報告。地元の温かい拍手を受け、自然と笑みがこぼれた。冒頭では高橋はるみ知事(64)が「(2026年札幌)五輪の誘致活動をしている。実現したい」とあいさつ。これに対し、高木美が「身近で感動を伝えるのはこれ以上ない幸せ」と言えば、高木菜も「貢献できるよう盛り上げていきたい」と続けた。北の大地で世界の祭典実現を目指し、道産子選手が存在感を放ち続ける。(宮崎 亮太)

冬スポ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)