羽生結弦、大トリで「春よ、来い」しっとり…ファンタジー・オン・アイス神戸公演

2018年6月15日22時11分  スポーツ報知
  • アイスショーで滑る羽生結弦(C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が15日、神戸ワールド記念ホールで行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演。大トリで登場すると、松任谷由実の「春よ、来い」のピアノ曲を舞った。

 下は黒、上は白を基調とした衣装で3回転ループと、ディレイド・アクセル(1回転半ジャンプ)を決めた。フィナーレの後は「ありがとうございましたー!」と絶叫し、ファンに感謝を伝えた。

 オープニングで4回転トウループを着氷するなど、この日は4本のジャンプを成功。平昌五輪後は右足首のリハビリ加療に努めていたが、ショーを重ねるごとにジャンプの種類を増やしており、順調な復調ぶりをうかがわせた。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ