町田樹さん「夢は大学教員」プロスケーター引退の真意明かす

2018年7月13日13時54分  スポーツ報知
  • 10月にプロスケーターを引退する町田樹さん

 14年ソチ五輪5位で世界選手権銀メダルの町田樹さんが13日、都内で行われるアイスショー「プリンスアイスワールド」の出演前に取材に応じた。町田さんは、今年10月のジャパン・オープンを最後にプロスケーターを引退する。この日は引退発表後、初の公の場となり「10月のジャパンオープンでの演技をもってプロスケーター引退を決意致しました。(ファンの方々や関係者に)心からの感謝を伝えたいと思います」と改めて、引退を報告した。

 町田さんは14年に競技引退後、早大の大学院生として学業に注力してきた。そして今年4月から慶大と法大の非常勤講師として体育でダンスを指導していることを明かし「学業とプロスケーターを両立できないのであれば、プロをやめようと思っていた。私の将来の夢は大学教員となること。10月以降、氷でのパフォーマンスはないが、将来的に研究者として(フィギュアに)携わり、力になっていきたい」と思いを口にした。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ