テンさん刺殺…羽生も悼む オーサーコーチらと連名でコメント「君の情熱は生き続ける」

2018年7月21日6時0分  スポーツ報知
  • デニス・テンさんの殺害現場に手向けられた写真や花束(ロイター)
  • 大勢のファンが死を悼んだ(ロイター)

 フィギュアスケート男子で14年ソチ五輪銅メダルのデニス・テンさん(享年25)=カザフスタン=が同国のアルマトイで強盗に刺殺された事件で、警察当局は20日、容疑者の1人を拘束したと発表した。テンさんは19日に自分の車からミラーを盗もうとしていた2人組に刺され、搬送先の病院で死亡した。拘束されたのはヌラリ・キヤソフ容疑者。警察はもう1人の行方を追っている。

 羽生を指導するブライアン・オーサー・コーチはSNSを更新し、羽生や同五輪女子銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)ら教え子と連名で「スケート界は美しいスケーターを失った。ご家族の方に心よりお悔やみ申し上げます。君の情熱は生き続ける」と悼んだ。

 平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は公式ホームページにコメントを掲載。「優しくて、礼儀正しくて、母国の為に尽くしてきて、こんな事で失う人ではないと深い悲しみが込み上げてきます。今は気持ちの整理がつかず、二度と演技を見る事ができないのが辛いです。僕は偉大なるデニス・テン選手を生涯忘れません」

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)