宇野が新フリー「月光」を初披露「ルール変わって秒数が減って、まだバタバタしている」

2018年7月28日17時37分  スポーツ報知
  • 演技終了後、笑顔を見せる宇野昌磨

 フィギュアスケートのアイスショー「THE ICE」が28日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は新フリー「月光」を初披露した。

 4回転トウループやトリプルアクセルを成功。しっとりと「月光」の世界観を滑りで見せた。しかし本人は納得していない様子で「まだ作ったばかりで、滑り込めていない。今年はルールが変わって秒数が減って、まだまだバタバタしている。もっともっとプログラムを表現できるようになりたい。見ている人の心に残る演技がしたい」と話した。

 今季から男子のフリーはジャンプが8本から7本に減る。4回転の構成については「ループよりも今はサルコーを練習している。今のままだとループじゃなくてサルコーになると思う」。現状はフリップ、サルコー、トウループの3種類4本を組み込む予定だ。

 ショーのフィナーレでは世界選手権金メダルのネーサン・チェン(米国)、同同メダルの金博洋(中国)と3人でコラボ。「楽しかった。2人とも選手としても人としても好きなので、一緒に練習するだけで気持ちが盛り上がる」と笑顔を見せた。

冬スポ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)