羽生結弦展の来場者50万人突破

2018年8月15日17時38分  スポーツ報知
  • 羽生結弦展の来場者数50万人目を記念して、青木和宏店長(左)から記念品を贈呈された長田愛未さん(右)と長田洋子さん(中)

羽生 横浜高島屋で開催されている「応援ありがとうございます!羽生結弦展」(主催・読売新聞社、8日~20日))は15日、来場者数50万人を突破した。50万人目となった横浜市内の小学校に通う3年生の長田愛未(あみ)さんは「びっくりしました」。一緒に来ていた祖母の洋子(69)さんは「羽生展をやっていると知り、金メダリストなので来ようと思った。衣装はテレビで見るよりもきれいで素晴らしかった」と感想を語った。

 羽生結弦展は4月に日本橋高島屋からスタート。すでに全国6都市で開催され、最後の会場が横浜店となっている。過去の衣装やメダル、スケート靴や100点を超える貴重な写真が展示されている。入場は無料。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)