宮原知子、「踊り出した瞬間から世界観」高橋大輔の演技に釘付け

2018年9月8日7時0分  スポーツ報知
  • 練習を公開した宮原知子

 女子フィギュアスケート平昌五輪4位の宮原知子(20)=関大=らが7日、関大のたかつきアイスアリーナで練習を公開した。2010年バンクーバー五輪銅メダルで、今季4年ぶりに現役復帰する高橋大輔(32)=関大KFSC=から学ぶことは多く、関大を拠点とする選手の間に“大輔効果”が生まれている。

 高橋が曲かけ練習を始めると、ほとんどの選手が自分の滑りをやめて見入ってしまうという。「毎日くぎ付けになりながら練習している。曲が始まって踊り出した瞬間から世界観が生まれる。試合で滑っているところを絶対に見たい」と宮原。今季シニアに転向する紀平梨花(16)=関大KFSC=は「ステップが本当にすごくうまくて、ずっと尊敬していた。たくさん見て学んでいます」と笑顔で話した。高橋は10月の近畿選手兼(5~8日、兵庫・尼崎スポーツの森)が復帰戦となる。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)