町田樹さんが最後の演技で「人間の条件」を披露 プロスケーター引退

2018年10月6日21時19分  スポーツ報知
  • 町田樹さん

 フィギュアスケート男子で、今大会でプロスケーター引退を表明した14年ソチ五輪代表の町田樹さん(28)が6日、さいたまスーパーアリーナで行われたアイスショー「カーニバルオンアイス」の大トリで登場した。最後の演技に選んだのは、今回のために特別に作り上げた「人間の条件」。8分を超える超大作で、しなやかに舞い、25年間のスケート人生に幕を閉じた。

 演技後には、スケート仲間から花束を贈られ「本当に最後このような華やかな舞台を作り上げてくださったみなさん、改めて本当にありがとうございました。本当に私ひとりでは創作できなかった…。かけがえのない作品を滑ってこられたことを誇りに思います」と感謝を述べた。

 ファンに向けてもメッセージを残し「フィギュアスケートは誰かに鑑賞されることを意図する。自分以外の他者に向けられた表現活動で、だからオーディエンスは必要です。フィギュアスケートをブームではなく文化に、みなさんの力で変えて行ってください。それがフィギュアスケートの実演家としての最後の願いになります」と話した。

冬スポ
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ