羽生さあロシア杯「やれることをしっかりやってきた」 モスクワに到着 

2018年11月14日23時20分  スポーツ報知
  • モスクワに到着した羽生結弦

 フィギュアスケートの羽生結弦(23)=ANA=が14日、GPシリーズ第5戦ロシア杯が行われるモスクワに到着した。「やれることをしっかりやってきました。あとは現地で調整出来るところをしっかり調整して臨みたいです。フィンランドの時に出来た内容以上のものをがんばってやろうというのが一番の目標なので。まず一つ一つ丁寧にがんばろうと思います」と話した。

 第3戦のフィンランド大会は297・12点で優勝。ショートプログラム(SP)を含めフリー、合計すべてでルール改正後の世界最高得点をそろえた。今大会を中1週で迎えることになり「試合が明けてからすぐなので、試合後はちょっと調子が悪くなったりもしていたんですけど、しっかりと戻してこられたので。あとは現地での調整だけかなと思います」。

 昨年はGP自身2戦目のNHK杯で、公式練習中に右足首を負傷した。「しっかり公式練習を無事終えるように。昨年みたいなことにならないように、しっかり気をつけます」。男女通じて初の5勝目がかかるファイナル(12月6~9日、カナダ・バンクーバー)へ弾みをつける。

 日本からは友野一希(20)=同大=、山下真瑚(15)=中京大中京高=、白岩優奈(16)=関大KFSC=、松田悠良(20)=中京大=が出場する。

 男子ショートプログラムSPは16日、フリーは17日に行われる。

冬スポ
注目トピック