羽生結弦「ちょっとの衝撃で大けがに…まだまだ技術不足」…一問一答

2018年11月18日6時0分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦ロシア杯 第2日(17日)

 【17日=高木恵】男子はショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録した羽生結弦(23)=ANA=がフリーも1位の167・89点、合計278・42点で、第3戦フィンランド大会に続くGP2連勝。日本男子単独最多の通算10勝目を飾った。朝の練習中に右足首の靱帯(じんたい)を損傷しながらの強行出場。診断は「3週間の安静」で、12月のGPファイナル(6~9日・バンクーバー)、全日本選手権(20~24日、大阪)は欠場が濃厚となった。

 ◆羽生結弦に聞く

 ―苦しみながらもやりきった。

 「構成を落としているので、体力自体はもっていたんですけど、最後はフワフワしちゃいました」

 ―右足首について。

 「去年のNHK杯以降、弱かった右足首がさらに緩くなってしまっている。ほんのちょっとの衝撃でも、すぐに大きなけがになってしまうことは本当に悔しい。自分のなかでは、それも羽生結弦。そういうこけ方をするようじゃ、まだまだ技術不足ということ。強い演技をまた積み重ねて、強い演技をできるようにしなくちゃいけない」

 ―ロシアでの演技。

 「今日プルシェンコさんはいないですけど、タラソワさんとか、ヤグディンさんとか、僕がスケートに熱中するきっかけになったこのロシアという地で、こういう結果になってしまったことはすごく悔しい」

 ―ロシアだから頑張れたか。

 「ロシアだったからこそ、この試合を選んだのかなと思っています」

冬スポ
注目トピック