ザギトワ、優勝でGPファイナル進出、紀平は次戦4位以内が条件

2018年11月19日5時30分  スポーツ報知
  • フリーを終え声援に応えるザギトワ(ロイター)

 ◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦 ロシア杯 最終日(17日、モスクワ・メガスポルト)

 【17日=高木恵】女子フリーは平昌五輪金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ(16)が142・17点でショートプログラム(SP)に続き1位、合計222・95点で第3戦フィンランド大会に続き優勝した。ファイナルを含めてGP通算5勝目で、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~9日・バンクーバー)進出を決めた。

 上位6人が進出するGPファイナルの女子は30点のザギトワ、28点の宮原知子、26点のトゥクタミシェワまでの3人は確定。ロシア杯終了時点で、坂本の初ファイナル切符獲得が有力となった。ポイントが並んだ場合、最高順位の高い選手→合計得点が高い選手の順で決定。24点の坂本は最高順位(2位)でも並ぶサモドゥロワを合計得点で上回っている。

 次戦の最終戦フランス杯(23~25日)は紀平、コンスタンチノワ、メドベージェエワ、三原が出場予定。紀平は4位以内、三原は優勝が条件となる。

冬スポ
注目トピック