紀平梨花の凱旋に報道陣80人 「思った以上にいっぱい!」とびっくり

2018年12月11日18時45分  スポーツ報知
  • GPファイナルを終えてバンクーバーより帰国した紀平梨花(左)がANAの職員から花束をプレゼントされる

 フィギュアスケートのグランプリファイナルで、05年大会の浅田真央さん以来となるシニア1年目での優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=が11日、成田空港に帰国した。GPシリーズで2連勝したフランス杯の帰国時は30人だった報道陣が80人詰めかけ、テレビカメラ20台がズラリと並んだ。初めての光景に「思った以上に記者の方がいっぱいでびっくり。ファイナルの優勝がすごく大きなことだったと改めて思った」と笑顔を見せた。快挙を達成した自分へのごほうびを問われると、「今は特に考えていなくって。でも、また全日本選手権(21日開幕・大阪)で頑張ってお姉ちゃんと大みそか遊びにいけたらなと思う」とにっこり。

 次戦は初優勝を目指す全日本選手権。「今回の反省点を踏まえて、良い成績を残せるようにしたい」と話した。

冬スポ
注目トピック