佐藤綾乃、高木姉妹の間に割って入る総合2位「タイムより順位にこだわっている」

2018年12月26日6時10分  スポーツ報知
  • 女子500メートルの表彰式で笑顔を見せる(左から)高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃

 ◆スピードスケート 全日本選手権第1日(25日・明治北海道十勝オーバル)

 男女2種目ずつが行われ、女子は高木美帆(24)=日体大助手=が79・190点で総合首位に立った。同2位に佐藤綾乃(22)=高崎健康福祉大=、同3位には高木菜那(26)=日本電産サンキョー=が入った。26日に後半の2種目が行われ、計4種目のタイムを点数化した総合成績で争う。

 佐藤が81・450点で女子総合2位につけ、高木姉妹の間に割って入った。500メートルを3位で終えると、3000メートルでは、同走した高木菜に0秒62差上回り2位。「(高木菜を)意識しすぎて自分のリズムで滑れなかった」と反省点を挙げたが、「最後の1周は気合。タイムより順位にこだわっている。明日の1500も、ベストを発揮できるよう調整していきたい」と力を込めた。

冬スポ
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ