本田真凜 アイスショーでさすがの表現力 赤の衣装でしっとり舞う

2019年1月5日21時0分  スポーツ報知
  • アイスショーに出演した本田真凜

 ◆名古屋フィギュアスケートフェスティバル(5日、愛知・日本ガイシアリーナ)

 16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(JAL)は、今季のショートプログラムに使用しているダンス曲「セブン・ネーション・アーミー」に乗せて演技した。赤基調の衣装で舞い、アンコールではフリー曲「ラバーズ」での演技も披露。ステップやスピンでしっとりと魅せた。

 世界選手権代表選考などを兼ねた全日本選手権は、15位に終わった。ジャンプ精度に課題を残し「一日一日大切にスケートと向き合いたいと思っていますし、逃げることは絶対にしたくない」と出直しを誓っていた。この日は、持ち味の表現力で観客を魅了。課題を克服し、力強く再起する。

冬スポ
注目トピック