NHK、女性シャワー室盗撮で逮捕容疑の職員を諭旨免職

2017年10月25日15時33分  スポーツ報知
  • NHK

 NHKは25日、今年8月に女性用シャワー室の盗撮容疑で逮捕された30代男性職員を諭旨免職処分とすることを発表した。

 沖縄放送局技術部に勤めていた職員は今年8月30日午後3時から31日午後4時ごろまでの間に、南城市の久高島にある宿泊施設の女子シャワー室に盗撮目的でビデオカメラ設置。9月2日に沖縄県迷惑防止条例違反で逮捕された。職員は逮捕後「間違いありません」と容疑を認めて、その後釈放されていた。

 NHKは「協会の社会的信用を大きく損なった責任は重いと判断」したとして、25日付け(発令は11月1日予定)で諭旨免職処分とした。NHKは「関係者や視聴者の皆さまに、深く詫びします。職員への指導を徹底してまいります」とコメントを発表した。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ