将棋の矢内理絵子女流五段が19年3月末まで休場を継続 今年第2子出産

2017年12月1日16時14分  スポーツ報知

 日本将棋連盟は1日、矢内理絵子女流五段(37)が一身上の都合で1日から19年3月31日まで休場を継続、井道千尋女流二段(29)は一身上の都合により1日から18年3月31日まで休場すると発表した。

 矢内女流五段は昨年12月から休場し、今年に入って第2子となる男児を出産していた。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ