立川志らく、佐川氏の証人喚問に「野党が無駄な質問をした」

2018年3月28日11時35分  スポーツ報知
  • 立川志らく

 落語家の立川志らく(54)が28日放送の「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演し、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の改ざん問題で、衆参両院の予算委員会で開かれた当時の財務省理財局長だった佐川宣寿氏(60)の証人喚問について「刑事訴追の恐れがってのを56回言ったと、みんな見ててイライラしたかもしれないけど、これ、物は考えようで当然の権利だからそういうのは。だから野党が56回、無駄な質問したってことになっちゃいますよね」との見解を示した。

 その理由を「だって何としてでも佐川さんを呼びたいんだって言ってても、こういう風になることは素人でも分かっているわけだから、周りからちゃんと違うところから攻めていけばいいのに、結局、そこでパフォーマンスのようにキレちゃって怒ってね。最後の最後には疑惑はますます深まってしまったって。深めてどうするの。この人、呼んで深まちゃってどうするの?晴らさないといけないんだから」と指摘した。

 その上で「野党のやり方は、まずかったんじゃないかな。一世一代の見せ所だったはずですよ。これでもう出しませんからね、与党の方は」と示していた。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ