東京駅前にゴジラビル!?口からジェットコースター

2018年4月2日7時0分  スポーツ報知
  • エープリルフールのネタとして作られた「東京駅前常盤橋プロジェクト」の“ゴジラビル”(C)TOHO CO.,LTD.

 ゴジラが9年後、東京駅前に現れる!? 映画「ゴジラ」シリーズを配給する東宝と三菱地所は、JR東京駅日本橋口前で開発中の「東京駅前常盤橋プロジェクト」(2027年完成予定)に「G(ゴジラ)棟」の建設予定があるとホームページ上で“発表”した。

 これは、16年公開の映画「シン・ゴジラ」のラストで、ゴジラが東京駅前で凍結されたことにちなんだジョーク。ゴジラの体がビルの一部となり、体内で生み出すエネルギーをビル内の電源とする。ゴジラの口からはジェットコースターが飛び出すアトラクションをつくるとしている。同プロジェクトの工事現場の囲いには現在、歴代ゴジラ作品の年表などが掲出されている。

 ▼藤子・F・不二雄ミュージアム 公式ツイッターに「本日4月1日は、原画内のドラえもんはお休みいたします。※只今、22世紀でメンテナンス中」として原画からドラえもんが切り取られた画像を掲載。

 ▼森永乳業 ツイッターで、ゆるキャラの「モーリー」が「あのあま~い森永ミルクは歯磨き粉としても優秀!?」とつぶやき、練乳を歯ブラシにつける画像をアップ。「だまされた」、「虫歯になる」などのツッコミも。

 ▼吉野家(牛丼チェーン店) 公式ツイッターのトップ画面に「吉野家は4月末で『牛丼』の販売を終了します。4月末からは『鶏丼』の販売を開始します。」という案内とともに鶏卵入りの鶏丼の写真を掲載。ロゴマークもニワトリのイラスト入りに。

 ▼キットカット ネスレ日本は人気の焼きキットカットシリーズで「キットカット お好み焼き」が新登場と発表。ほかに「発売済み」、「KITKAT Tempura!」、「“キットカット”ラーメン」、タコ刺しの写真や新鮮なウニ入りの説明も。

 ▼川崎フロンターレ(サッカーJ1) 公式フェイスブックなどに「この度、等々力陸上競技場の改修に伴い、入浴と観戦がセットの『浴場ゾーン席』の新設が決定。客席からのみ視認可能な、映像を上空に投影する富士通の新技術による巨大ビジョンも導入。DAZNとも連携し、新しい観戦スタイルを提案していきます。」と、関連企業名を織り交ぜフロ(風呂)にかけたジョークを掲載。

 ▼英紙 サンデー・テレグラフは欧州連合(EU)首脳らが英国の離脱後に非EU諸国と通商交渉を行うため、EUが各国を回る豪華ヨットの建造を秘密裏に計画し、英国に建造費の一部を負担させる考えだと報じた。

 ◆エープリルフール 4月1日には他人に迷惑をかけないような、罪のないうそをついても許されるという風習。中国語では「愚人節」、フランス語では「ポアソンダブリル(4月の魚)」と言われ、世界各国で同様の風習がある。うそが許されるのは午前中のみという説も。日本では大正時代にすでに広まっていたとされ、1921年には作家の横溝正史が短編小説「恐ろしき四月馬鹿(エープリルフール)」を発表している。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ