野党6党、集中審議開催を求める イラク日報問題

2018年4月4日17時15分  スポーツ報知
  • 安倍晋三首相(ロイター)

 政府が存在しないとしてきた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、野党6党の国対委員長が4日に国会内で会談。与党側に国会での集中審議開催を求めることを確認した。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長(57)は「大臣への報告、やはり時間がかかり過ぎ。国会審議を通して明らかにしていかないと」と批判。「パンドラの箱を開いたように、次から次に文書改ざんとか隠ぺいとか…。まるで安倍政権の底が抜けてウミが飛び出しているみたい」と話し、官僚組織のみならず政府の責任として追及する構えを見せた。会談では安倍晋三首相(63)のみならず当時の稲田朋美防衛相(59)らの参考人招致を求める意見も出たという。

 一方で自民・公明両党の幹部も都内ホテルで会談。与党側は11日に予定されている安倍首相出席の予算委員会集中審議でこの問題を取り上げる方針だ。野党側は11日以外にも、衆院予算委などでの集中審議も求めており、今後の国会運営にも影響を与えそうだ。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ