TDR、昼5年ぶり新パレード「ドリーミング・アップ!」

2018年4月11日7時0分  スポーツ報知
  • 公開された東京ディズニーリゾートの新パレード「ドリーミング・アップ!」(カメラ・池内 雅彦)

 15日に開園35周年を迎える東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)で10日、報道向けプレイベントが行われ、昼の新パレード「ドリーミング・アップ!」が披露された。昼のパレード刷新は5年ぶり。

 テーマは「ハピエスト・セレブレーション」。5つのユニット、13台のフロートで構成され、ミッキーマウスがペガサスをあしらった乗り物で登場し、ミニーマウスはシンデレラや白雪姫らプリンセスとともに手を振った。55のキャラクター、総勢140人が約45分かけ、パーク内をまわる。一日1~2回の公演を予定し19年3月25日まで行われる。

 人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」も、15日にリニューアルオープン。東京五輪・パラリンピックが行われる2020年には「美女と野獣」の大型アトラクションなども整備される。TDRによると、ここ数年は年間約3000万人が訪れ、昨年には累計来園者数7億人を突破した。

ディズニー

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ