新橋駅前で女子高生7人倒れる…遠足の集合時間遅れ謝罪中過呼吸に

2018年5月12日7時0分  スポーツ報知

 11日午後4時20分ごろ、東京都港区のJR新橋駅前SL広場で、人が倒れていると東京消防庁などに通報があった。横浜市内の共学高校の女子生徒7人が、過呼吸のような症状を訴えて都内の病院に搬送された。

 消防庁によると、この日は同高の遠足だった。約300人が参加しており、都内での自由行動の後の午後3時半にSL広場で待ち合わせをし、全員で帰宅することになっていた。その際、集合時間に遅刻してきた生徒が数人おり、他の生徒に向け遅れたことなどを謝っている最中に、次々とうずくまったり倒れたという。

 7人がすべて遅刻した生徒かどうかは分かっていないが、消防庁は「引率の教師は『(遅れた生徒に)同情したところもあるかもしれない』と話していた」としており、友人が責められている様子を見て、気分が悪くなった生徒もいた可能性がある。また、遅れた生徒が引率の教師に叱責されていたという話もある。

 女子生徒は手足のしびれなどを訴えているが、全員意識はある。この日午後4時の都内の気温は20・8度で、天気は曇り。体感的には比較的涼しかった。症状の出ていない生徒は午後5時半過ぎまでに全員電車で帰途に就いた。

 消防庁の「若い子たちのプライベートを守ろうとして」という考えで、展示されているSLの前には100人近い生徒を囲う目張りがされ、立ち入り禁止のテープが張られるなど、辺りはものものしい雰囲気になった。金曜の夕方ということもあって駅前には大勢の人がおり、大混乱に。近くを通りかかったという会社員の男性は「最初は何かのイベントと思ったら、女の子が倒れているのと、氷を持って介抱をしている人が見えた」。号泣して友人らに抱きかかえられながら、駅の中に入っていく女子生徒の姿もあった。

 ◆過呼吸 息を吸いすぎ、そして吐きすぎている状態。平常時と比べて浅く、速い呼吸を繰り返すことで、息苦しさを感じる。重度の場合、しびれ、けいれん、めまい、意識混濁などの症状が出ることもある。過度な緊張、不安やパニック障害などの精神的理由によって起こる。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ