京セラドーム、屋根に亀裂の事実なし…SNSで誤った情報広がる

2018年6月18日10時34分  スポーツ報知
  • 地震が起きたあとの京セラドーム大阪。屋根のはしごが地震による亀裂との誤報がネット上に広まった

 18日午前7時58分頃に大阪北部で震度6弱を観測する地震が発生。地震発生後、ツイッターなどでのSNS上では、大阪市西区の京セラドーム大阪の屋根に亀裂が入ったとの誤った情報が流れたが、同施設を運営する「株式会社 大阪シティドーム」の関係者は「確認を行いましたが、亀裂が屋根に入った事実はありません」と否定した。

 誤認されたのは、ドームの屋根に取り付けられた、機材搬入用のはしごと足場。同関係者は「亀裂はないことは確認できましたが、施設内に地震の影響による損壊がないか確認中です。あす(19日)には、ドーム内を使用する予定がありますので、そこまでには確認作業を終わらせる予定です」と話した。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ