BTS所属事務所が謝罪「傷つけるような意図はありませんでした」

2018年11月14日0時37分  スポーツ報知
  • BTSのライブに集まったファン

 韓国の防弾少年団(BTS)の所属事務所は13日、フェイスブックで声明を発表し、原爆がプリントされたTシャツを着用したり、ナチスの記章をあしらった帽子をかぶったりしたことについて、不快感を与えたとして謝罪を表明した。

 要旨は以下の通り。

 × × ×

 BTSについて様々なご指摘があります。原爆をイメージした衣装を着用したこと、ナチスの帽子や旗などを使用したことなどです。

 しかしながら、我々は戦争、原爆を支持しません。また、原爆被害者の方を傷つけるような意図はありませんでした。ナチスを含めた全体主義などの政治団体を支持することもありません。

 着用した衣装などに関しては事前の確認が不十分だったため、アーティストが着用しました。これらの事案に関して彼らは関与しておらず、責任は当事務所にあります。

 原爆被害者の方々、団体に事情を説明するとともに、正式に謝罪を申し入れています。

社会
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ