地元不動産業者、予想外すもドメインGET 山手線新駅「高輪ゲートウェイ」 

2018年12月5日6時13分  スポーツ報知
  • 山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設中の新駅(8月撮影)

 JR東日本は4日、山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設中の新駅の名称を、「高輪ゲートウェイ」にすると発表した。2020年春に暫定開業、24年に本格開業予定。6万4000件超の応募の中からわずか36票、130位の得票ながら、1位「高輪」などを押し切って選ばれた。

 2017年2月に本紙で新駅の名前を「新品川」と予想した“地元”の田町不動産・矢野聡社長(58)は、「駅名を外してしまって残念です。『高輪』が付くとは思っていませんでした」と肩を落とした。

 ただ、うれしいニュースもある。田町駅に近い港区三田で、地元密着型の情報を提供している同社。駅名が報じられた直後から自社ホームページにアクセスが殺到した。「すごい来てます。このままいけば(アクセス数は)いつもの10倍はいきます」。早速、駅近物件に注目が集まったようだ。

 新駅名を巡った早い者勝ちのバトルも勃発した。ホームページやメールのアドレスなどに使用されるドメインを、新しい駅名にしようとする動きが出ている。早速、矢野さんも取得しようとしたが、「『takanawa‐gateway.jp』にしようとしたんですけど、既に使われていました」と、がっくり。その代わりに「『takanawa‐gateway.net』をゲットしました」と、抜かりはないようだ。

社会
注目トピック