【ディズニー報知】TDLの2020年大規模開発の工事現場を公開…美女と野獣の城はあと5メートルで完成

2018年12月6日10時0分  スポーツ報知
  • 工事現場のサンプルヤードで装飾する作業員(C)Disney
  • TDL大規模開発の完成イメージ(C)Disney

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)は6日、東京ディズニーランド(TDL)で2020年春に開業予定の大規模開発の工事現場を報道陣に公開した。

 この大規模開発は、TDLの7つのテーマランドのうち、ファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンの3つにまたがる総開発面積約4万7000平方メートルの土地に、大型アトラクションやエンターテインメントシアター、レストラン、商品店舗などの新しい施設を、約750億円かけて導入する計画で、工事現場が公開されるのは、昨年4月5日の起工式以来のこと。

 新エリアはファンタジーランドに大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、TDL初の本格的屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」、トゥモローランドにアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、ポップコーンの専門ショップ「ビッグポップ」、トゥーンタウンに新キャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」ができる。

 工事現場では、まだ鉄骨が目立つが、起工式では更地だった場所が、びっしり埋まっている。美女と野獣エリアの「野獣の城」(約33メートル)は現在28メートルまで完成。来年末には全体像がTDLの囲い越しに見ることができそうだ。TDLではシンデレラ城(51メートル)に続く2つ目の城となる。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー
社会
注目トピック