立川志らく、東名あおり運転の石橋被告に懲役18年の判決に「どこに同情の余地があるんだ」

2018年12月14日11時21分  スポーツ報知
  • 立川志らく

 落語家の立川志らく(55)が14日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演。昨年6月に発生した東名高速のあおり運転をきっかけにした死亡事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判でこの日、懲役18年の判決が出たことに見解を示した。

 検察側の求刑は懲役23年だったため、志らくは「やっぱり23年で行くべきですよね。それが世の中を変えるっていうことだから。ちゃんと23年で裁判所が判断したんだって、それを期待していたけど、5年の理由ですよね、どこに同情の余地があるんだ」と疑問を投げかけていた。

社会
注目トピック