マツコ、SNS不適切動画への損害賠償に「戒めとして致し方ない」

2019年2月11日19時26分  スポーツ報知
  • マツコ・デラックス

 タレントのマツコ・デラックス(46)が、11日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演し、企業の不適切動画がSNSに投稿されていることについて言及した。

 最近、牛丼チェーン「すき家」や回転ずし「くら寿司」、カラオケ店「ビッグエコー」、コンビニエンス店などで、従業員による不適切な動画がSNS上に投稿される問題が相次ぎ、運営会社は謝罪の一方で損害賠償を検討する騒動になっている。

 「これだけ大騒ぎになれば、その先がどうなるのかって分かりそうなものだと思う。それでもやってしまうっていうことは、本当の意味でSNSで動画をあげる(アップする)先に、友だち同士で悪ふざけしている以上の世界が広がっていることをいまだに理解していない」と指摘したマツコ。

 そして「戒めとして、これをやったら、もしかしたら(損害賠償で)何千万(円)って取られちゃうんだぞっていうことが1個ないと、やる人はやる。致し方ない」と語った。

社会
注目トピック